FX入門

自動車保険を比較・見直して、保険料を安くしよう!とする人が増えています。

ここでは、自動車保険の比較の仕方や、おすすめのポイントをご紹介します。

1・自賠責保険(強制保険)の内容と補償~事故時に加害者には1円も下りないの?

自賠責保険とは

自賠責保険の正式名称は自動車損害賠償責任保険と言い、自動車やバイクを運転する全ての人に加入が義務付けられていることから、強制保険とも呼ばれます。 加入は義務ですから、それに従わなかった場合、法律よる罰則があります。その内容は、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」に加えて「免許停止処分(違反点数6点)」と大変厳しいものとなっています。証明書の不携帯だけでも30万円以下の罰金を科せかれますから、自賠責保険がいかに重要なものであるかが伺えます。

自賠責保険の目的

自賠責保険の唯一の目的は、被害者への補償です。 事故の際に、死亡はもちろんですが、怪我をした人は全て被害者として扱われ、損害賠償額を直接請求ができます。 これは、被害者と加害者との合意如何に関わらず、損害賠償額の支払いを相手の保険会社に請求できるということですから、例えば、加害者側が不誠実で話し合いに応じてくれない場合であっても、被害者は自賠責保険によって補償が受けられるということです。

自賠責保険の対象

自賠責保険の目的は、人身事故の被害者の保護です。万が一の事故の際、相手の怪我・死亡に対する補償、すなわち、保険金を支払うこと唯一の目的にしています。 従って、次のような場合は自賠責保険の対象外となります。
・物損事故における補償。例えば、電柱に車をぶつけて破損した場合、電柱の補償金は対象外ですし、運転者自身の補償も対象外になります。
・人身事故における加害者の補償。被害者への補償は行われますが、加害者への支払いはありません。
・加害者の車の修理費などの補償。
自賠責保険は、被害者の救済のための制度です。 ですから、加害者への保証は自賠責の対象外なのです。自賠責では、事故時に加害者には1円も支払われないのです。

・任意保険への加入

ほとんど全ての運転者は、各保険会社の任意保険に加入しています。

自賠責保険における補償限度額を超える被害を相手に与えてしまった場合、その超過した部分については加害者が支払わなくてはなりません。 その部分の補償のために登場するのが任意保険です。 「任意」とはいうものの、任意保険の加入は運転者としての責任を果たすことにほかなりませんし、運転者自身の身を守るために必要なことです。 上記のように、自賠責保険だけでは事故の際、加害者には保険金は支払われることはありませんが、任意保険へ加入することで保証対象に加えられます。 いつ自分が運転中に加害者になるかわかりませんので、任意保険への加入は必須条件といえるでしょう。
自動車に乗る限り自賠責保険は必須ですが、任意加入の自動車保険は必要です。加害者になった場合も被害者になった場合もここぞという時には頼もしい存在です。各社、自動車保険はたくさん販売していますので、自動車保険見積もりなどで検討してみましょう。

生命保険の見直し

生命保険の見直しは必ずした方が良い!声を大にして言いたいです。人生の節目には必要なことです。また家族の誰かが万が一の時などにしか内容を見ないですから、すぐに見直しをすることをおすすめします。自動車保険も見直しは必須です。代理店型と通販型とでは3分の1程度に収まる自動車保険もありますから通販型は経費の掛からない自動車保険ですから、そこが強みですね。
事故車買取について

自動車保険について

自賠責保険の内容と補償についてのポイント
代理店と通販型ではどのように違うのか?
車がなくても自動車保険に加入できる?
自動車保険のノンフリート等級の内訳と割引率は
自動車保険自由化のメリット・デメリット