FX入門

自動車保険を比較・見直して、保険料を安くしよう!とする人が増えています。

ここでは、自動車保険の比較の仕方や、おすすめのポイントをご紹介します。

2・自動車保険の取り扱いで代理店と通販型の違いは?メリット・デメリットは?

近年人気の通販型自動車保険

車を運転する際、任意保険に加入することは運転者の責任を果たすことになりますから、任意とはいえ、加入は必須です。 各保険会社では、任意保険を販売していますが、中でも近年人気であるのが、「通販型自動車保険」と呼ばれるものです。「ダイレクト型自動車保険」とも呼ばれ、テレビCMも盛んに放送されています。

代理店型と通販型の違い

従来であれば、保険会社は各所に店舗を構えて、そこにお客さんを呼び込んで自動車保険に契約してもらう、という方法が一般的でした。これが代理店型です。 通販型は、契約のための店舗を持たないで運営されている自動車保険です。契約は主にインターネットや郵送にて申し込みます。価格の安さが魅力となって近年人気であるのが、この通販型自動車保険です。 なぜ保険料を低価格で実現できるのかというと、それはまさに代理店を持たないで運営されているからです。

全国各地に営業のための代理店を持たないということは、その分の不動産費用や維持費、人件費あるいは仲介手数料などがかからなくて済むということです。 従って、代理店型に比べて低コストで運営できるため、その分、保険料も安くすることができるというわけです。 保険料を安く抑えたいという方には、通販型自動車保険がおすすめできるでしょう。

代理店型自動車保険のメリット・デメリット

従来型である代理店型自動車保険のメリットは

担当者ときちんと話し合いながら契約できるということです。 いつ起きるかわからない事故ですし、場合によっては、莫大な額の補償をしなければならないかもしれません。 代理店で、保険担当者の顔を見てしっかりと自動車保険契約をすることによって、運転における安心感が高まりますし、万が一の事故の場合にも、担当者にもよると思いますが親身に対応してくれることが多いでしょう。すぐに現場へ駆けつけてくれることもあると思います。 デメリットとしては、通販型に比べて価格が高いことと契約のための利便性が低いことが挙げられます。

通販型自動車保険のメリット・デメリット

ダイレクト型とも呼ばれる通販型自動車保険のメリットは、低価格の保険料も挙げられますが、インターネットを利用することで利便性が非常に高まるということもあります。 お車に関する簡単な情報を入力するだけで見積もりがすぐに提示されますから、各社の保険料の比較も簡単ですし、理想の保険契約があればその場ですぐに契約を結ぶことができます。 デメリットとしては、通販型の場合、サービスが決して悪いということはありませんが、契約の仕方の性質上、代理店型に比べて保険契約における安心感は低く思われてしまうこともあるかもしれないということです。

自動車保険について

自賠責保険の内容と補償についてのポイント
代理店と通販型ではどのように違うのか?
車がなくても自動車保険に加入できる?
自動車保険のノンフリート等級の内訳と割引率は
自動車保険自由化のメリット・デメリット